世の中不公平なことだらけだけど、一番不公平なのは恋愛よね。

f:id:momono_otonalog:20200725141919j:image

って言うドラマのセリフに思う。

確かに・・・
って思った。


自分のことを大好きになって
とっても大切にしてくれる人のことを
わたしは好きになってあげられなかった。


あの時わたしが好きだったのは
全く大事にもしてくれないし
面白くて誰からも好かれて
女にも一生困ることがないような
女癖の悪いクソやろーだった。


好きになってくれた人から見たら
不公平と思うのも無理がないと思う。


出会う順番が違ったら・・・
この人とあと数年早く出会ってたら・・・
って思ったこともある。


タイミングって難しくて
だけど自分だけの思い通りになんていかないもの。


例えば
その数年前にAさんじゃなく、Bさんと出会えていたとしても
その時のわたしはやっぱりAさんを選ぶんだよね。
そう言うもん。


今のパートナーに何か不満があったり
モヤモヤしている時に
違う誰かのことがよく見えることはあるもの。
(隣の芝生は青いって言うし。)

だからって、誰かと出会うたびにいちいち恋に落ちてる場合でもない。


この人の方が良かったなんて図々しいし
失礼すぎる。両方に。



これから先も、まだまだ色んな人に出会っていく。



その度に、フラフラするような人が
浮気して、パートナーを悲しませるの、
何度も。


死んだおばあちゃんが言ってた。
誰と結婚しても一緒、自分次第って。
本当その通りだと思う。
ま、おばあちゃんの結婚生活は7年だったけどねw
おじいちゃんはおばあちゃんが33歳の時に亡くなっちゃったから、
死ぬまでの50年は1人だったの。
なのにおばあちゃんの言うことって説得力あるの、
あれなんでなんだろね?やっぱ人生の先輩だし
色んな人を見て色んな経験してきたからなのかな?
言葉に重みがあるよね!


さて、すっかり話が逸れてしまったけど
誰と結婚しても一緒って
一緒ではないにしても、一理あると思う。
何度も離婚している人って、
やっぱり同じ失敗を繰り返して離婚に至っている人多い。
もちろんこの限りではない事はわかってます。

不公平って何?

そもそもみんな違う人間で、
今置かれている立場も、年齢も、職業も違う。
同じ人間としてと言うくくりは
あまりにも大きすぎるから、
例えば、同じ職場での不公平としよう。

同じ職場で、同じ仕事でそれでも不公平が生じると言うか
不公平だなって気づくって事は
そこに不満があるから。

その不満って、僻みや妬みから来るもの?
同じ職場で同じ仕事をしていて、
相手が楽しているのに同じ給料とか、
もしくは相手の方が給料が高いとか?
それは不公平と思うのも仕方ない。

だけど、その不公平をどうにかしようとした?
上司に言ったり、本人に言った?
不公平を嘆く人って、その状況を自分でどうにかしようとしている人が
少ないように思う。
言っても仕方ない、
どうせ聞き入れてもらえない。

そうやって愚痴っぽくなって
最初から諦めている人は、
不公平だと嘆くのをやめて、
自分も一度その人みたいになってみれば良いんだよ。


果たして本当に不公平なのか。
あなたにも同じようにできるのか。


(スカっとジャパンみたいに、
上司の前では良い顔して、
すごく仕事頑張ってるように見せといて
実は怠け者で・・・って言う人はいつか
自分にしっぺ返しが来るもんです。
↑こんなテレビみたいなことってあまりないことで
イケメンがいつも助けてくれるってこともまずないですw)


あなたが見えていることが本当に全てですか。

あなたの見ていないところで
その人がとっても努力しているかもしれない。

 きちんと見えてますか?

自分が見えていることが全てで、
自分がいつも正しいわけではない。

人の意見を聞かない人や、
そもそも聞く耳を持たない人、
それはとっても損をしていると思います。

頭ごなしに自分の意見と合わない人を否定したり
すぐ不満を口に出したり。

そうやって知らず知らずのうちに
周りの人に嫌な思いさせてませんか?


まとめ。

・恋愛関係には上下関係は関係ないかもしれないけど
時々不公平は起きる。人の心は操れないからね。

・職場では不公平はあり得る。
でも自分が見えていることだけが全てではないかも。

・どうしても不公平が気になるのなら、自分で改善する行動を起こすしかない。

・嘆いたり愚痴ってばかりいても何も解決しない。

・その愚痴のせいで誰かに嫌な思いさせていることもある。

・自分が思う不公平は、もしかすると不公平じゃないかもしれない。

 

不公平を嘆く前に
周りのことや、自分の言動を振り返ってみることも大事です。


最後までお読みいただきありがとうございました。