呼び方ひとつでグッと縮む心の距離。

心の距離。

f:id:momono_otonalog:20200810190347j:image
ある程度仲良くなったのに◯◯さん、って
苗字で呼び続けてるとなんだか心の距離感じませんか?

 

私はこの人ともっと仲良くなりたい!
って人のことは早めに下の名前か、あだ名で呼びます。


私自身が名字で呼ばれるのが嫌いです。


今の名字はあまり好きじゃないのと、
バツイチで再婚してるので今の名字は3つめの名字だから。
(旧姓→最初の結婚→旧姓に戻り→再婚して今の名字)


下の名前で呼ばれる方がありがたいし嬉しいです。


会社で上下関係ある中では仕方ないことですが、プライベートでも仲良くする人のことは、◯◯ちゃんって呼んだり、下の名前を呼び捨てにしたりしてます。(もちろんちゃんと仲良くなってからです。)


そうすることで、心の距離が近くなってもっと仲良くなれる感じがします。


学生の時ちょっと仲の良い子が、
私のことは名字さんで呼ぶのに他の子のことは名前で呼んでるのを見ると、
わたしだけそこに距離があるような気がしたんですよね…
心なしか寂しく感じたって言うか…そんな経験ないですか?
私も名前で呼んで欲しいな…って思ったけど言えなかったこと。



でも今は言える、オトナになったから。



名字が好きじゃないから、下の名前で呼んでもらえたら嬉しいなー!って言います。
○○さんのことも○○ちゃんって呼んでいい?って。


それはちょっと•••って人はいません。
割りかし嬉しいことなんですね。
そもそも、仲良くなりたくない人とはこんな会話にはならないので大丈夫です。
空気がありますからね。 

 

名前を呼ばれると嬉しくなる理由。

人は自分の名前が心地いい言葉だと言うことがわかっています。
そして名前を呼ばれることで、幸せホルモンが分泌されます。


子供の頃は家族やお友達、保育園の先生に
ちゃん付けで呼ばれてたし、
自分もお友達のことはちゃん付けで呼んでました。


だけど中学生になったら、
○○さんって人のことを名字で呼ぶことが多くなった気がします。


この思春期頃の、
まだまだ子供だけど
ちょっとオトナの仲間入りをした気がしているあたりで
人との距離を保つことを覚えて行ったんですね。


確かに必要なことではあるけれど
その延長で、心の距離を縮めることができずに、
モヤモヤすることも多くなりましたよね。
オトナって不便・・・


だから、名前で呼ばれることに安心感と親近感が湧くんですね。
子供の頃から呼ばれている下の名前で呼ばれると、嬉しくなる理由ってきっとワタシはここにあるのだと思ってます。


子供の頃から聞き慣れている、
自分の名前。
そりゃ、幸せホルモンだって出ます!!


 

会話の中で自然と相手の名前を呼ぼう。

名前で呼ばれることが嬉しいとわかったのなら、
会話する中で積極的に相手の名前を含めることにしましょう。
そうするといつの間にか相手は自分に好感を持ちます。
何度も自分の名前を呼ばれることで、どんどん親近感が湧きます。

こうして、いつの間にか心の距離がグッと近くなります。

仲良くなりたい、もっと親密になりたいと思っている相手にはとても効果的で、
印象が良いです。

 

忘れてしまっていた、子供の頃の感覚・・・。
自然に、好きな子やお友達のことをちゃん付けや下の名前で呼んでいた頃。


取り戻せたらいいですが、無意識にしていたことなので
その感覚を取り戻すことは難しいので
オトナになった今は、意識的にするしかないのです。


でも、意識的に名前で呼ぶことで
もっと仲良くなりたいと思っていた相手と
仲良くなり、心の距離も縮むなら
今日すぐにでも始めましょ。
今日が無理なら明日すぐにでも。


案外、そんなに勇気いらないです。






momoのオトナろぐ。 - にほんブログ村